昭島ハンサムジャンク

フレームドラム工房・音鼓知振

動物の皮と木枠だけで作られるシンプルな打楽器「フレームドラム」

その音色は繊細で奥深く、優しく手で叩くと

豊かな響きが体と心に伝わります。

一説には世界最古のドラムとも言われ、今も音楽演奏や

シャーマンの儀式など世界中で親しまれています。

 

音鼓知振は、フレームドラムの音色と

日本人の本来持つ自然観や感性が相通じると感じた

演奏者の久田祐三が、その魅力を幅広く伝えるべく、

2015年春に立ち上げた日本初のフレームドラム工房です。

世界各国のフレームドラム等の制作をはじめ、ライブでの演奏、

奏法レッスン、制作WS、アート作家とのコラボレーション、

国内で有害駆除された鹿の皮の有効活用など、

東京・立川を中心にジャンルの枠を越えて活動中。

制作楽器はイベント出店やライブでの物販の他、

東京都内の打楽器専門店、カフェ等にて販売しています。

最新情報は音鼓知振のFacebookページにて随時更新中。

トップに戻る