昭島ハンサムジャンク

焼き菓子 にの帆

自分が食べたい味のお菓子を食べたくて
自分のために作り続けていたら
いつしか人にも喜んでもらえるお菓子になっていました。
おいしい。だいすき。
言い合える人がいることが幸せです。

トップに戻る